目次から検索、子育てがうまくいくヒント

仕事の疲れを癒す家族とのふれあい

今日は、仕事の日。朝から夕方までずっと仕事し通しだった。さすがに、夕方には疲れてきて、ペースが落ちた。そんなときの家族とのふれあいは、仕事に疲れた私に癒しを与え、リフレッシュしてくれる。

仕事の疲れを癒す家族とのふれあい (2010.1.11)第687号

ーグッド&ニュー・ふれあいタイム・果物タイム…ー

三日間の連休の過ごし方は、大まかに次のように決めていた。

一日は、家族の日。この日は、家族を最優先して過ごす。

一日は、自分の日。去年の暮れからずっとゆったりとすることなく、がんばってきたので、自分のためにゆったりと好きなことをして過ごす。(…結局ブログ記事を一本アップし、一人で温泉&岩盤浴そして外食をした。)

一日は、仕事の日。仕事を最優先にして過ごす。

今日は仕事の日

 連休最終日の今日は、仕事の日
いつものように、家族で一番早起きして、伊達公子推薦のチベット体操をした後、すぐに机に向かった。


○週案をもとにしながら、1週間分の毎日の指導計画を立てた。…2時間
○国語の二単元分の指導計画を立て、6時間分の学習プリントを作った。…1.5時間
○社会の一単元分の指導計画を立てた。…1時間
○IT上で算数指導に役立つ学習サイトを研究した。…1時間

途中、お茶タイムや昼食などを挟んで、みっちり5時間余りである。

さすがに夕方には、ペースが落ちた。
向山洋一著『授業が上手になるたった一つの条件』などを読み出す。
少し休んで、早めに一人で入浴した。(クニコを誘ったが来ない。)

夕食からの家族のふれあい

◆家族みんなでテレビを見る

入浴後、夕食。6時過ぎという、この時間帯には珍しくテレビがついていた。
何でも、昨日家族で参加した行事がテレビで紹介されるという。

私「あれ、タカちゃんじゃないか!」

アキコ・クニコ・妻「ホントだ!」

妻はしっかりと台詞付きで映っていたのだった。

◆グッド&ニューで、アキコの作った新聞を見る

私「アキコは、ずっと部屋で机に向かっていたけど、何をしていたの。」

アキコ「係の新聞を書いていたの。」

私「へえ、どんな新聞見せて!」

何とアキコは、5時間ぐらいも書けて、同じ新聞を15枚も書いていたのであった。

私「へえ、すごいな! よく15枚も書いたな。コピーすればいいのに。」

アキコ「カラーじゃ、無理でしょ。それにクイズの部分は一人一人変えてるの。」

わが子ながらすごい集中力である。
わが子も5時間集中して机に向かっていたのであった。
記事の「告白」などという言葉にドキリとした。(※後で新聞の写真をアップ)

◆クニコに読み聞かせ:

97「ひろしまのピカ」(昨日、市立図書館からクニコが借りてきた絵本)を読んであげた。 

◆夕食後、果物タイムで「ル レクチェ」を食べる

わが家は、夕食後、みんなそろって果物を食べる習慣がある。
今日の果物は、ル レクチェ(西洋なし)であった。

「おいしい。おいしい。」

とレクチェを食べながら、カルタが始まった。

◆ふれあいタイム①「カルタ」編

○最初は、父と子塾で始めた「五色名句百選かるた」。「新年」の札を使って勝負。私が読み、アキコとクニコが対戦した。

○次に、「世界遺産かるた」。この休みに私が買ってみたのだが、アキコ・クニコに好評だった。何でも、テレビに良く出てくる(世界遺産だから当然だ)所が出てくるのが、良いらしい。

妻「霊廟に おきさき祭る タージ・マハル。」

アキコ「はい!」

妻「モアイ像 イースター島に 数百体。」

私「はい!」

やりながら、「いつかアクロポリスに行ってみたい。」「イグアスの滝を見てみたい。」などと思う。

◆ふれあいタイム②「バレーボール&室内サッカー」編

クニコ「まだ、時間がある。今度はこれでバレーボールしよう!」

わが家は8時15分入浴なのだが、あと15分ほどある。

私「よし、やるか。」

アキコも入って、3人でバレーボールをした。

私「ほれ!」

アキコ「はい!」

クニコ「はい!」(私とアキコの中間にボールが落ちる。)

アキコ「自己中だぞ!」

私「こら、何でもかんでも<自己中>のせいにするな。ただ、下手なだけだ。」

くすくすと笑うアキコ。
それでも、クニコも結構うまくラリーが続いた。

その後、アキコのリクエストで、室内サッカーをやった。

楽しかった。
この後、アキコ、クニコは入浴となった。

仕事の疲れを癒す家族とのふれあい

アキコ・クニコが入浴中、私は日記を書いた(1月1日からパソコン日記に変えた)。

一日をふり返りながら、日記の最後に次のように書いた。

◎仕事の日ではあったが、家族との交流も充実していた。やっぱり実母とのお茶タイムも、グッド&ニューも、ふれあいタイムも、果物タイムも、みんなみんなすてきだ!

そう、そうなんだ!

仕事が基本の日であっても、家族とのふれあいが、仕事で疲れた心身を癒してくれる!

リフレッシュしてくれる!

家族がいるから、家族とのふれあいがあるから、仕事を続けることができるのだ!

私は、この後、そして早朝、もう一仕事するつもりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ