目次から検索、子育てがうまくいくヒント

コロナ下でも楽しめた、県内日帰り家族旅行!

コロナウイルスの影響で、東京にいる大学4年の長女は帰省を断念!

わが家恒例の夏の家族旅行 ―泊を伴い、年間を通しての一大家族イベントなのだが― をどうするか!?

8月2日の月例家族会議の結果、日帰りの県内旅行となった。

ちなみに、去年は、長野県上高地へ一泊旅行であった。

さて、県内日帰り旅行をどうするかであるが、旅行雑誌るるぶ「新潟・佐渡」版をみながら、「ああでもない、こうでもない」とやっていた。

「湯沢が涼しくていい。」

「うーん、新幹線で県外から大勢人が来るからまずいんじゃない。」…。

◆1.結局決まったコース

結局、前々日に、次女クニコ(高3)の希望を優先して、

①日本三大渓谷「清津峡

後の二つは、黒部峡谷(富山県)、大杉谷(三重県)

②美人林

となった。さらに、道順に近い、

③日本三大薬湯の「松之山温泉」

後の二つは、草津温泉(群馬県)、有馬温泉(兵庫県)

④龍ヶ窪

の二つを入れた。

次女「えー、松之山温泉って、草津温泉と並ぶ温泉なのー!。」

驚いていた、次女であった。

わが家の場合、朝早いスタートが恒例だが、県内旅行なので7時出発とした。

◆2.日帰りでも最高の日帰り旅行

8月11日朝7時に予定通り出発し、夕方5時半には帰宅した。

時系列で様子を紹介する。

▶清津峡

・高速自動車道を使ったので、9時過ぎに現地に到着。

・この時期は初詣並みの混雑なのだが、写真の通りのがら空きで、普段の人出の5%もいない感じだった。

・だから、洞窟の中を行って戻ってくるだけで2時間はかかるところを、わずか30分で往復できた。それも、しっかりと写真まで撮れて。

▶龍ヶ窪

・龍ヶ窪の水の美しさに心が洗われた。

・神社にもお参りして一休み。

▶松之山温泉街の「日の出家」でランチ

・クニコが冷やし中華を食べたいというので、松之山温泉街の「日の出家」で冷やし中華を注文。おいしくて、好評だった。

▶美人林

・そこから車で10分ほどの、美人林へGO!

・私は3度目だが、ブナ林の美しさには本当に癒やされた。

▶松之山温泉で入浴

・旅館の温泉だと、県外客がかなりいるかもしれないと思い、「松之山温泉センター鷹の湯」に入った。予想通り、ほとんどお客はいなかった。

▶夕食も自宅で

・いつもの夏の旅行は、夕食も道中でとり、7時過ぎに帰宅というパターンが多い。

今回のコースも、普通なら清津峡で2時間とられるだろうし、途中の道路も混雑して時間がかかったはずで、そうなったことだろう。

でも、今回は道路は混雑せず、5時には帰宅できそうだったので、夕食は自宅でとなった。その代わり、途中でスーパーに寄り、お寿司などリッチなお弁当を買った。

日帰りの県内ドライブ旅行。行程は丁度300kmほどだった。行きは私が、帰りは妻がほぼ運転した。

日帰りではあったが、みんながとても満足できた!

 

○次女が行きたいコースを選び、予想通り(予想以上に)満足するコースだったこと。

○希望通り、おいしい冷やし中華が食べられたこと。

○途中道路が混雑せず、スムーズに目的地へ行けたこと。また、スムーズに帰宅できたこと。

 

コロナ下でも、工夫次第で十分旅を楽しめる!

と実感できた日帰り県内家族旅行だった。

おまけの情報。妻によれば、日帰りなので、例年よりもすごく安くついた家族旅行だそうです。

2 COMMENTS

izumikawa

ありがとうございます。
日帰りでも十分に楽しめました!
コースの選択はもちろん大きいですが、家族そろって行けることが嬉しいですね。
ただ、来年は大学1年生になるので、難しいかもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ