目次から検索、子育てがうまくいくヒント

初任給で親へのプレゼント ―感謝できる子に育ってうれしい!−

この月曜日に、長女から初任給で買ったという家族向けのプレゼントと感謝のメッセージ

が届いた。

◆1.初任給で買ったプレゼントと感謝のメッセージ

■プレゼント

①カステラ焼(お菓子)

②リサとガスパールのお人形

③感謝のメッセージ&パズル(裏面)

の3点でした。

■メッセージ

お元気ですか?

○子は元気で暮らしています。

今はA遊園地の中の□売店と芝桜で働いています。

毎日とても楽しいです。

おかげ様で無事初任給がもらえそうなので、感謝の気持ちをこめてプレゼントを送ります。

○子の働いているお店で買った物でラッピングも○子がやりました。

これからも頑張ります。

○子より

 

妻も祖母(私からは実母)も、もちろん私もとても喜んだ。

このコロナ下で就職できた−無事社会人になれたーだけでも有り難いのに、

こうして初任給で感謝のメッセージとともにプレゼントをくれるー感謝する子―までに育ったから。

◆2.感謝できる子に育った理由

①いつも全員の誕生日を祝い、その都度、自分以外の誕生日を祝ってきたから。

それをずっとー高校生・大学生になってもー続けてきたからである。

  • 自分以外の誕生日を祝うことで、もらう喜びばかりでなく、与える喜びも育ててきたからである。

②父の日、母の日なども大事な日として、感謝のプレゼントとメッセージを忘れないでやってきたから。

  • ずっと感謝の気持ちを育む機会として使ってきたからである。

③入学、卒業なども、記念日として祝ってきたから

  • 節目節目で祝ってもらえる心地よさを体験してきたから。

つまり、してもらう喜びばかりでなくしてあげる喜びも学んできたからである。

◆3.感謝のメッセージとプレゼントをもらえるもう一つの理由

もう一つだけ、これは理由というよりも秘訣といっていいと思うが、読者だけに特別に公開すると、

●もらった喜びをきちんと伝えてきたから。それもできるだけ早くに。

たとえば、祖母の誕生日にプレゼントを送ってきたときには、すぐに祖母がプレゼントを手にして嬉しそうにしている写真と共に、「あーちゃんはとても喜んでいたよ」と、LINEで伝えた。

伝えるとどうなるか?

「喜んでもらえた、贈って良かった!」となるのである。

ということは、同じような場面でまたやってあげようとなるわけである。

もちろん今回も伝えた。

■送ったメッセージ その1
メッセージ&プレゼント届いたよ!

ありがとう
とってもうれしいよ♡
2匹のワンコちゃんは、お父さんとお母さんで一つずつ持つことにする。

昔、おとうさんも、初めての給料だったかボーナスでお父さんとお母さんをお寿司屋さんに招待したことを思い出したよ。
願った通りの就職先に決まって、本当によかったね♡

■メッセージ その2
メッセージは全員が読んだよ。

あーちゃんも喜んでいたよ。
食べるほうはみんなで一緒に食べようと思ってる。

▶長女から
喜んでもらえてよかったです

■メッセージ その3(妻)
ありがとねー

■メッセージ その4
○子は、やっぱり思いやりのある優しい子だね♡

▶長女から
Good!ハム太郎のイラスト(スタンプ)

「賢く・強く・あたたかく」がわが家の子育てのビジョンだが、「思いやりのある子に育てる」ということが一番大事と位置づけてきた。

大事だと思い、そのビジョンの実現をめざして、たとえば家族全員の誕生日を祝うなど具体的に働きかけていけば、きっとそうなる。

 

追伸

▶1.長女は、妻の実家宛てにも同じようにプレゼントを送っていた。

▶2.このコロナ下で最も打撃を受けているBEACH系の企業、それも本命だったA企業に総合職枠で採用された。受験者数約3,200名中7名合格という難関を突破して。この顛末記はいずれ紹介しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です