目次から検索、子育てがうまくいくヒント

子どもが大人になっても通用する5ステッププログラム

開業記念キャンペーンで、100名の人が受けてくれた「子育てが楽しくもっと幸せになる5ステップ無料プログラム」です。

このステップ2は「見つけたよい行動にリアクションしよう!」でした。

これは、子どもが大人になっても十分通用することで、つい最近、社会人1年生の長女にも使いました。

【長女へのリアクション実例】

◆長女から届いたプレゼント

この日曜日のこと、社会人1年生の長女からプレゼントが届きました。

開けてみたら、「葡萄のめぐみ」というぶどうジュースが10本入っていました。

▶「葡萄のめぐみ」は、種・皮・実をそのままとじこめた「葡萄100%果汁」です

モンドセレクション連続金賞受賞

このように書いてありました。

早速その日の夕食後、家族3人=私、妻、実母で飲んでみました。

実母「甘くて、おいしいの。」

妻「100%果汁なのね。」

僕「うん、甘くておいしい。」

◆さっそくお礼のメッセージ(リアクション)

その夜、すぐに長女にLINEメッセージを送りました。

▶僕:ありがとう

ぶどうのジュース、全員がおいしくいただいたよ♡

みんなおいしかったって言ってたよ

+スタンプ

▶長女:喜んでもらえてよかったです^_^

こうして、長女は「贈って良かった!」という

与える喜びを受け取ることができるわけですね。

これをしなかったり、

だいぶ経ってから、

あるいは、問われて

「ありがとう。おいしかったよ」

と言われるのとでは、とても大きな違いでしょう。

もう一度、贈りたいと思うのは、もちろん、

すぐに感謝のメッセージが届いた方でしょう。

ですから、5ステップ完全無料プログラムのステップ2で

「見つけた子どもの良い行動にリアクションしよう」

というのです。

この場合は、③感謝 と ④喜び のリアクションですね。

◆9月にも届いていたプレゼント

実は、9月には「葡萄そのもの」が贈られたきたのです。

その時も、同じように即リアクションしていました。

つまり、子どもが二十歳を過ぎて、社会人になっても、十分通用する知恵であり、

スキルなのですね。

 

*もっとも、「そもそもそういうよい行動がなければ、リアクションしようがない」という声も聞こえてきそうです。

実は、その方法もあるのです。これは別の機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。