目次から検索、子育てがうまくいくヒント

子どもと作る💕クリスマスツリー💕

◆子どもが喜ぶクリスマスツリー作り

クリスマスツリーの飾り付けを、親子でいっしょにするのは、わくわく感のある、ステキな一時ですね!

さらに、子どもといっしょにクリスマスツリーを作ってみませんか?

実は、2008年に特別支援学級の子ども達といっしょに、松ぼっくりでクリスマスツリーを作ったこともあるのです。

写真がその時のものですが、廊下に飾っておいたら、通る子ども達が

「きれい! 私も作りたい!」

と言っていました。

その後、令和の時代になって、通常学級の1年生から4年生まで1時間の図工の時間を使って作ったことがあります。

どの学年の子ども達も、とても楽しそうに作っていました。

そこで、今回は、この『松ぼっくりでできる、手のひらサイズのクリスマスツリー』の作り方を紹介します。

既にクリスマスツリーがあるお宅も、親子でこの手のひらサイズのクリスマスツリー作りに挑戦してみてはいかがでしょう。

手のひらサイズなので、セカンドクリスマスツリーとして、テーブルの上などどこにでも置いて飾れますよ。

45分ほどかかりますが、親子のとてもよいふれあいの機会にきっとなります!

◆手作りクリスマスツリーの作り方

■材料

・松ぼっくり(乾いたもの)

・ビーズや星、綿などツリーに飾るもの(色紙で作ってもよい)

・スポンジなど(小さな箱でもよい)

■道具

・絵の具(ポスカでもOK)

・ボンド または グルーガン(ホットボンド)……ダイソーで購入できる。

■作り方

①松ぼっくりを緑色または白色(雪)で着色する。

②絵の具がよく乾いたら、ビーズや星などを、ボンドで付ける。好みで綿を付け、雪の感じを出してもよい。

③できあがったクリスマスツリーを、手頃な大きさの小箱やスポンジ台などに、ボンドで付ける。

*写真は特別支援学級の子どもが作ったものです。

*わが子も拾ってきた松ぼっくりを使って作りました。

1つは、ガラスコップの中に塩を入れて、塩を雪に見立てて、その中に松ぼっくりツリーを入れていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。