目次から検索、子育てがうまくいくヒント

仕事のストレスを家庭で解消する方法

仕事で疲れたり、イライラしたりすることは、どうしても生じる。そんな仕事のストレスを家庭で解消するには、どうしたらよいだろうか。

仕事のストレスを家庭で解消 (2010.1.17)第779号

【どっと疲れた日】

今日は、どっと仕事で疲れた。担任しているAさんが余りにワガママ。いい加減嫌になる。その後、みっちり会議もあった。へとへとである。

帰路、車を運転しながら、仕事でのイライラを家庭に持ち込まないように、

「切り替え、切り替え。」

と呪文のように心の中でつぶやいていた。

【仕事のストレスをどう癒すか!?】

<仕事のイライラ・ストレスを家庭になるべく持ち込まない>とは、頭では分かっていても、それは難しい。それに、今回のイライラ・ストレスは、押さえ込むには大き過ぎた。

かくて、夕食を食べながら、Aさんが今日如何にワガママで、私が困ったかを話した。いわゆる愚痴である。話してみて、黙って心の中にしまっておくよりも、少しはすっきりした。

次に、夕食後、ゲーム「ウノ」をみんなですることにした。

私「おい、ウノでもやろう。」

クニコ「お姉ちゃん、お父さんがウノやるって!」

3分としないうちに、台所を片づけ終わった妻、アキコ(小5、11歳)、クニコ(小1、7歳)がテーブルに集まった。

まず、1ゲームした。1位はアキコ、2位は妻であった。クニコと私は、負け(3位は決めない。)。2ゲーム目も同じ結果だ。

私「あれ、調子悪いな。また、クニコとお父さんの負けだ。」

負けても、楽しい。仕事のイライラやストレスがすっと抜けていくのを感じた。

私「よし、まだ8時前だ。アイスクリームを食べよう!」

こう言って、わずか120mlのハーゲンダッツ<ストロベリー>カップを4等分してみんなで食べた。

アキコ、クニコは大喜び。私も、甘い物は大好きで、喜んで食べた。

4人「おいしい♪」

好きなアイスクリームをみんなで食べながら、仕事のイライラ・ストレスがすっと抜けていくのを感じた。

私は、1回も勝たずにウノを終えるのは、嫌だったこともあって、もう一度、みんなでウノをした。何と、今度も同じ結果だった。
でも、楽しい。やっぱり、仕事のイライラやストレスがすっと抜けていくのを感じた。

以前、<親子の絆をつくる「10分間遊びタイム」>という記事を書いたことがある。

~自分の希望(の遊び)を最優先してもらえるのだから、子ども達は、とても満足するのである。そして、私も満足している子供たちの姿を見て満足する~(一部引用)

今回子ども達と遊んでいて、私の方が遊びを優先してもらい、とても満足した。

(※ これを書いていて今気づいたのだが、クニコはさておき、アキコや妻は、学習や家事を早めに切り上げ、イライラしている私を思いやって、私がやりたいといったウノをすることに応じたようだ。そして、私が満足する姿を見て満足していたのかもしれない。)

親も(が)癒される「10分間遊びタイム」(実際は20分ほどだったが)であった。

ここで紹介した方法以外にも、夕食前に一人でコーヒーを飲んだり、一人で好きなモノを食べたりした。一人で好きな音楽も聴いた。多少効果はあった。

が、「妻に愚痴る」「子どもと(家族で)遊ぶ」「家族みんなでおいしいモノを食べる」ことは、やっぱり強力なストレス解消法であり、癒しの薬である。つくづく今夜は、それを感じた。

おそらくは、子ども達だって、学校で先生に叱られたり、友達とうまくいかなかったり、勉強がよく分からなかったりするなどして、イライラしたり、ストレスを感じたりすることがあるだろう。そんなとき、親に愚痴を聞いてもらったり、自分の希望の遊びで家族みんなで遊んだり、おいしいモノをみんなで食べたりすることは、子ども達のイライラやストレスを減らす、癒しの薬となるに違いない。いや、既にこれまでそのような役割を大いに果たしてきたに違いないのである。

私にとっても、妻にとっても、子ども達にとっても、家族は学校や職場のイライラ・ストレスから心身を守ってくれる大事な防波堤なのだと、改めて感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ