目次から検索、子育てがうまくいくヒント

子どもと簡単に作れるクリスマスツリー

いよいよクリスマスシーズン到来ですね。
ひな祭りにひな人形が欠かせないように、クリスマスにはクリスマスツリーは欠かせません。
親子で松ぼっくりを使ったクリスマスツリー作りに子供たちと挑戦してみてはいかが。
手のひらサイズで、かわいく、美しいクリスマスツリーがほんの1時間足らずでできますよ。

松ぼっくりで作る、手のひらサイズのクリスマスツリー 2008.12 1748-672

2008年12月の図工の時間、子供たち(特別支援学級)といっしょに手作りクリスマスツリーを作った。

幸い秋の間に集めていた松ぼっくりがたくさん残っていたので、それを使って作ったわけである。

子供たちに大人気の手作りクリスマスツリー

廊下に飾っておいたら、通る子供たち

「きれい! 私も作りたい!」

と言っていたことを思い出す。

3394668

そこで、今回は、この『松ぼっくりでできる手のひらサイズのクリスマスツリー』の作り方を紹介する。

既にクリスマスツリーがあるお宅も、親子でこの手のひらサイズのクリスマスツリー作りに挑戦してみてはいかが。
手のひらサイズなので、セカンドクリスマスツリーとして、テーブルの上などどこにでも置いて飾れますよ。

松ぼっくりクリスマスツリーの作り方

 

手作りクリスマスツリーの作り方

■材料
・松ぼっくり(乾いたもの)

・ビーズや星、綿などツリーに飾るもの(色紙で作ってもよい)

・スポンジなど(小さな箱でもよい)

■道具
・絵の具

・ボンド または グルーガン(ホットボンド)……ダイソーで購入できる。

■作り方
①松ぼっくりを緑色または白色(雪)で着色する。

②絵の具がよく乾いたら、ビーズや星などを、ボンドで付ける。好みで綿を付け、雪の感じを出してもよい。

③できあがったクリスマスツリーを、手頃な大きさの小箱やスポンジ台などに、ボンドで付ける。

※ 2008年12月号の七田小学生新聞に載っていたものを参考に修正

出来合いの飾りを使えば、45分で十分に完成する。

コンパクトでかわいい、手作りクリスマスツリーの出来上がりである。

親子で作れば、きっととてもよいふれあいの機会にもなりますよ!

関連記事

クリスマスツリーに見る子供の成長

付記

・松ぼっくりは近くの公園などで拾うとよい。今年もう無理なら、松ぼっくりを確保しておき、来年チャレンジするのもよい。

・アキコ、クニコも、拾ってきていた松ぼっくりを使って、松ぼっくりツリーを作っていた。

3434652

・着色は、水彩絵の具ではなく、なんとポスカであった。これならすぐにできるし、後片付けも楽だ。アキコは、さらにコップの中に小さな松ぼっくりツリーを入れる形にしていた。白いものは塩だそうだ。何でも本に載っていたとか…。つまりは、親に言うこともなく自分たちで思いついて作っていたのだった。いつのまにか子どもも成長しているものだ。

追記

2018年2学期の図工の時間、2年生から4年生の学級の子供たちと、この松ぼっくりを使ったクリスマスツリーを作ってみた。子供たちに大受けであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ