目次から検索、子育てがうまくいくヒント

「子育てゴールデンタイム」はなぜあるか?!

◆1 「子育てゴールデンタイム」とは何か

「子育てゴールデンタイム」とは、

親がミッキーマウス、親のいるところがディズニーランド

と言えるぐらい、親のことが大好きで、子どもの方から親とのかかわりを積極的に求める時期のこと。

◆2 「賞味期間限定」とはどういうことか

「子育てゴールデンタイム」といえる期間は、

子どもが8から10(小4)ぐらいまでの 賞味期間限定です。

その期間を過ぎると、子どもは、親とのかかわりよりも、友達とのかかわりを強く求めるようになっていきます。

■わが家の場合もそうでした

川の字で親子4人で寝ていたのが、長女がぬけ、次女がぬけ、今ではそれぞれが部屋で寝ています。

入浴だって、一緒に入ってお話ししたり、背中にひらがなを書いて当てっこしたりして遊んでいたのが、
今では私一人で入浴しています。

お祭りは、家族4人そろって行っていたのが、長女が「友達と行くから」と言ってぬけ、
やがて次女も同じようにぬけました。
肩車しながら、手をつなぎながら行けていたのが夢のようです。

◆3 「子育てゴールデンタイム」はなぜあるか

◎どうして「子育てゴールデンタイム」といえるような、子どもの方から親とのかかわりを積極的に求める時期があるのでしょうか。
私は、親子で「宝物の時間」といえるような、ステキな時間を共有することで、
生涯にわたる親子の絆ー信頼関係のベースーをつくるためだと思うのです。
つまり、そのために神様があたえてくれた時間だと思います。

◆4 「子育てゴールデンタイム」に気づかない親たち

ところが、子育てが初めての親は、今がまさに「子育てゴールデンタイム」で、親として最も子育てを楽しめる時期ー最も幸せな時期ーであることに気づきません。あるいは、実感としてわかりません。

だから、

・子育ての大変さ

・思うようにいかないこと

・自分の時間を取られること…

▶︎負の側面ばかりに目がいきがちなんですよね。

「大変だ」「仕事・家事が忙しい」「時間がない」…といっているうちに、子どもは成長し、いつのまにか親とのかかわりを欲しなくなっています。
気がつけば子育てゴールデンタイムの終了というわけです。

◆5 ある作家の子育てアンケートの結果の物語ること

ある作家が子育てを終えたママ、パパ百人ほどにインタビューしました。

「子育てで後悔していることは何ですか?」とインタビューして回ったんですね。

その作家は、英語を教えておけばよかったとか、子どもを叱り過ぎたなどが返ってくるかと予想していたのですが、ほとんどのママ、パパの後悔は、

「子どもが小さいとき、もっと関わってあげればよかった」というものだったんです。

ところが、子育て真っ最中のママ、パパは、

いつまでも「ママ、パパ、ねえ、遊んで!」と、子どもがまとわりついてくると思っているんです。

  • 大変だ、仕事・家事が忙しい、時間がないと言っているうちに、子育てゴールデンタイムは終了し、もっとかかわってあげればよかったと後悔してしまう。

これがほとんどのママ、パパの現実なんですね。

あーもったいない!

◉この記事を読んでいる、子育て真っ最中のあなた!

今、この記事を読んで本当にラッキーでした!

二度とない、賞味期間限定の、子育てゴールデンタイムを思う存分、楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です