目次から検索、子育てがうまくいくヒント

コロナウイルスの影響で、自宅待機している大学生の長女に送ったもの

東京に住む大学4年生の長女は、コロナウイルスの影響で、バイト先は休業中(6割はバイト代が支給されている)、大学も休みで自宅(アパート)待機している。
東京都では昨日、1日に100人台の感染者が発生し、しかも感染経路がわからないケースが過半数。いつ非常事態宣言が出されてもおかしくない状況だ。
こうした状況下でも、買い物だけはしなくてはならないわけで、そこで感染するケースもある。親としては、長女に食料品を中心に送ることにした。
(シーズンボックスとして、コロナウイルスがなくても送ってきたのだが)

❤️1.長女に送ったもの 2037

どうせ送るなら、喜ばれるもの、必要なものを送りたい。そこで、長女に送って欲しいものを電話で聞いた。
「サバ缶は欲しいけど、レトルトの中華丼などは要らない。料理を作ることでストレスを解消しているから」という。

妻も参戦してきて、「マスク要る?スパゲッティは?」と、妻が聞くと「欲しい」と長女は言った。

「要る?」「要らない・要る」の問答の結果、なんだかんだで、サバ缶、フルーツ缶詰、お米、炊き込みご飯の素、スパゲッティ、インスタントラーメン、紅茶、ポケットティッシュ、手作りマスク…と結構な量になりそうだ。

これって、甘やかしているか?
それとも、「いざというとき、頼りになるのが家族だ」と実地で教えているか?
ボクは、後者だと考えている。なぜなら、まさに非常時だから。

これ以外にも、感染予防グッズとして、Amazonから保護メガネを直接送った。マスクよりも大切な予防グッズだそうだから。

❤️2.長女はどう過ごしているか

長女にどう過ごしているかを聞いた。そしたら、料理を作っている他に、散歩したり、友達とビデオで話したり、読書したりして過ごしているという。

ボクがこれまで送ってきた本も読んでいるそうだが、パタリロを読んでストレスを解消しているという。パタリロの動画も見つけたそうだ。

冷静になってみたら、バイトと就活に忙しかった長女に本を読ませるチャンス到来!
ライバルは、パタリロ…と強敵だが、こっちも強力な良書を送るつもりだ!
そう考えて、送った本は、とりあえず次の6冊だ。

追記

4月4日の今日、無事に義母は退院した。午前9時、妻が付き添って無事帰宅した。
10時頃、本人の元気そうな声で無事退院したとの報告があった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ