目次から検索、子育てがうまくいくヒント

家庭をあたたかい言葉でいっぱいにする

家庭があたたかい言葉でいっぱいになったら

「この料理、おいしい!」

「お風呂掃除してくれて、助かったわ。」

「プールとっても楽しかった!(連れてってくれて)ありがとう!」

「今日のダンス発表、クニコは本当に上手に踊っていて、そんな姿を見られてうれしかった!」

「一生懸命エレクトーンの練習をしている姿をみると、安心するわ。」……

「帰りが遅かったから心配してたの。無事に帰ってきてくれて安心したわ。」

家庭がこんなあたたかい言葉でいっぱいになったら、お互いにより仲良くなり、あたたかい関係が築けるに違いありません。

言われた方は、したことが認められ喜ばれてうれしいし(してあげた甲斐があった)、もっとしてあげようと意欲的になるでしょう。

なぜあたたかい言葉がでないのか?!

それなのに、「めったなことでは、そんな言葉が出ない」そんな家庭が意外に多いのではないでしょうか。

その原因を考えてみると

① 当たり前だと思っていて、感謝・感動の気持ちがにぶっている。

→(どこかに連れて行ってくれるのも、愛情のこもった料理がおいしいのも、ダンスが上手なのも、当たり前だと思っている。または、「楽しい」、「おいしい」、「うれしい」、「助かった」…などの自分の気持ちに鈍感になってしまっている。)

② わざわざ言われなくてもわかる。

→(「おいしい」なんて、わざわざ言わなくてもわかる。)

③ これまでにそんな習慣がなくて、照れくさい。

→(「おいしい」「うれしい」「楽しかった」なんて、わざわざ言うのは、照れくさい。)

④ そもそも気づかない(あれども見えず)

→ (①とかぶるが、鈍感になっていて、気づけないでいる。)

⑤ 知らない

→(情報が入っていない。たとえば、ダンスを見に行っていない。行けなくても、後でビデオで見ることもしない。最悪のケースでは、ダンス発表会があったことすら知らない。)

⑥ モデルを体験していない

→(そんなあったかい言葉でいっぱいの家庭に育っていないから、語彙がない)……

つまりは、そうなるだけの背景があるわけですね。

⑥のモデルの体験は、子ども時代に育った家庭環境ということですが、何年にも及ぶわけでその影響は大きいでしょう。

私自身、次のような経験がありました。

実母の示した模範

実母がよく母の友達やお客さんの服装をほめていたのです。
私が保育園や小学生の小さい頃、実母は編み物の先生でした。その後、時代の移り変わりと共に洋服を作るようになっていきました。
その母が友達やお客さんが家に来ると、必ずと言っていいほど、「あら、その服ステキね!」「とても似合っているわよ!」と、服に触れながら話していました。そんなとき、決まって母の友達やお客さんは、うれしそうな表情を見せていました。

何百回となくそんな場面を見ていた私は、大人になっても、職場の人に対して、母と同じように、相手の服装に自然と目がいき、服装についてほめていました。それが当たり前のように。
母は私に模範を示すつもりで言ったわけではないでしょうが、私はそれを自然に影響されていたのです。言い換えれば、いつの間にか母の言動をモデリングしていたのですね。(これがモデリングの恐いところで、よい言動も、できればまねて欲しくないよくない言動も、子どもはモデリングします。)

この点からしても、将来のわが子への影響を考えて、あたたかい言葉を使っていきたいものですね。

私が子どもに示した模範

私はよく言うことは、食事中に「これとってもおいしいね。」という言葉です。

子どもも、しっかりとモデリングしてくれています。アキコもクニコもよく「本当、おいしい。」とか、私が言う前に「これおいしいね。」とよく言っているのです。
料理を作った妻は、うれしそうに、その言葉を聞いています。
やはり率先して模範を示すことが一番効果的でしょう。

昨日の午後、家族4人で農作業をした。アキコ(小4)もクニコ(年長)もとてもがんばってくれました。そこで、

私「アキコとクニコがビニール(雑草を防ぐマルチ)をひっぱってくれたおかげで、仕事がはかどって助かったよ。ありがとう。」

このように伝えました。
すると、アキコもクニコも満足そうな表情を見せました。やっぱりそう言われた方はうれしいのです。

もちろん、前回の記事のように、あたたかい言葉(ほめ言葉)を言えているようでいて、心がこもっていなくて伝わっていない(先の①当たり前だと思っていた)ことがあったり、疲れていて④あれども見えず状態になっていたりすることもありました。先の⑤知らないということすらありました。(「お父さん、アキコはこんないいことをしてたんだよ。」と妻に言われて気づいたことがありました。)

しかし、あたたかい家族をつくるという願いがあるから照れくささがあっても、あれども見えず状態になっていることがあっても、その方向にリードすべく、率先して使っていこうと思っています。

関連記事

不満の伝え方ー「お父さん、お帰りなさい」のない日!ー

親子の温かい関係を築く「肯定のわたしメッセージ」 

お腹がすいているのになかなか出来ない夕ご飯、お腹がいっぱいなのに差し入れ

付記

どちらを選ぶかは、本人の選択しだいです。

家族間で、お互いにより仲良くなり、あたたかい関係を築きたかったら、率直に自分の肯定的な気持ちー楽しかった・おいしかった・うれしかった・助かった(ありがたい)ーなどを表現する道を選ぶしかないと思います。

現状、先の6つの原因のすべてに当てはまったとしても、人は変われるものですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ