目次から検索、子育てがうまくいくヒント

冬至、クリスマスツリーの飾りの意味

◆冬至・カボチャを食べる・ゆず湯に入る意味

昨日22日は「冬至」、1年で一番昼が短く、夜が長い日でしたね。

カボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりしましたか。

わが家は、こうした伝統を大事にしてきました。

ただ、昨日はカボチャは食べたのですが、ゆず湯はありませんでした。

次女が今年から東京の大学に行ってしまい、手を抜いたかな?

と思っていたら、妻はちゃんと「ゆず」は用意してあり、ただお風呂に入れるのを忘れていたのでした。

残念!

今日、「ゆず」を入れます。

行事を大事にするといえば、わが家はその行事の意味や由来を話すようにしてきました。

たとえば、書き初め、豆まき、ひな祭り、七夕…。

今回でいえば、ゆず湯や「カボチャ」を食べる意味、「冬至」の意味や由来ですよね。

タイミングを逸した感がありますが、次のとおりです。

 

▶ゆず湯:

もっとも寒さがきびしくなるこの季節、ゆずをうかべたお風呂にはいってあたたまれば、風邪をひかないといわれてきました。

▶冬至・カボチャを食べる意味

むかしから冬至は「太陽がよみがえる日」だと信じられていました。

冬至にむかって、日は短くなっていきますが、むかしの人は「太陽の力が弱くなるとき、人間の魂もおとろえる」と考えていたのです。

しかし、「冬至をすぐれば太陽はよみがえり、人間の魂にも精気がもどってくる」とされました。

そこで、この季節に旬のかぼちゃやあずきなどを食べて力を回復し、冬至をのりこえようとした習慣が、今ものこっているのです。

・・・以上、高野紀子作「和の行事えほん 秋と冬の巻」(32ページより引用」・

◆クリスマスツリーの飾りの意味

さて、明日はクリスマスイブ。

クリスマスと言えば、本来はイエス・キリストの降誕を祝う日ですが、なぜか宗教にかかわらず祝っているようですね。

わが家も、クリスマスはクリスマスツリーを飾り、ケーキを食べて祝ってきました。

タイミングを逸しないように、クリスマスツリーの飾りの意味について紹介します!

【クリスマスツリーの飾りの意味】

2008年12月号の「七田小学生新聞」に載っていた記事です。・

▶冬至には「ん」のつくものを食べると幸運になる

こんないい伝えもあるそうです。

たとえば、

・なんきん(かぼちゃ) ・こんぶ ・こんにゃく ・ぎんなん ・にんじん ・だいこん

ですね。

知らずに食べているよりも、やっぱりこうした意味が分かって食べた方がよりハッピーになる気がしませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。