目次から検索、子育てがうまくいくヒント

わが子を本好きに育て、賢く心豊かに育てる方法

「わが子を本好きに育てたい!そして、賢く、心豊かに育てたい!」

そう願う親御さんのために、この記事では、とっても有効な方法を1つお伝えします。

それは、父親のボクが、二人の娘に2歳頃からずっとやり続けてきたことです。

何かと言いますと、それは

◎わが子の誕生日に「本」をプレゼントすること

しかも、わが子へのメッセージ付きの「本」をプレゼントすること

です!

◆成功するポイント2つ

このことが本好きにつながるポイントは、

▶ポイント1.子どもの発達段階または興味(生活)に合った本をプレゼントすること

・子どもが理解できる本ばかりでなく、生活を豊かにする本、子どもが進んで「読みたい」と思う興味に合った本であることが重要です。たとえば、カブトムシに興味をもっているなら「カブトムシ」の本、野球が好きで熱中しているなら「イチローの伝記」とか「野球に強くなる」という感じです。

▶ポイント2.親のメッセージ(願い)を本の裏表紙などに書いて贈ること

・「誕生日おめでとう」のメッセージに加えて、

この本をプレゼントした理由・子どもへの願い等を書く。

今、手元には、『うさぎのユック』という本があります。

この本は、2008年6月19日次女クニコが6歳になった時に贈った本です。

裏表紙には、次のように書きました。

■贈ったメッセージ

       2008.6.19

クニコへ

6歳の誕生日 おめでとう!

この『うさぎのユック』を贈るよ。

お父さん、お母さんにとって、クニコは

とってもとっても大切な宝物だよ。

だから、どんなときも「命」を

大切にしてほしいんだ。

うさぎのユックがライオンにおそわれそうに

なったときのように、世の中には危険が

たくさんある。どんなときでも、

うさぎのユックたちのように、けっして

あきらめないで、はげましあって、

知恵とチームワークでのりこえていって

ほしいんだ。そんな願いをこめて、

この『うさぎのユック』を贈るね。

毎年毎年続けていくと、子どもは、親のメッセージに込めた願いや愛を汲み取ってくれるようになってきます。

◆高校生・大学生・社会人になっても続けている伝統

この誕生日に親のメッセージ付きの本を贈るということをずっと続けています。

社会人1年生の長女も、大学1年生の次女も、現在までずっと続いています。

たとえば、今年、長女の誕生日プレゼントとして贈った本は、長谷部誠『心を整える』でした。

■社会人1年生になった長女に贈ったメッセージ

誕生日おめでとう。社会人1年生おめでとう。

この本は、集団の中ー特に上司ーでの身の振り方等

たくさんのヒントをくれると思う。

ぜひ生活にいかしてほしいと思う。

2021年9月20日

父より

愛を込めて

◆3.親のメッセージ付きの本を贈る特別な価値

「誕生日に親のメッセージ付きの本を贈る」ことは、当初、本好きに育てたいという願いから始めました。

ところが、続けるうちに、親の願いや価値観、親の愛を伝えるために書いている自分がいました。誕生日に親のメッセージを伝えるというのは、

◎子どもに親の願いや価値観、愛を伝えるまたとない機会となる

と言えると思います。

この意味でも、超お勧めの習慣です!

【お知らせ】

本好きに育てることは、学力を伸ばすためにも、とっても有効です。

小冊子『わが子の学力を伸ばす17の秘訣 その10』にも

「第十に、読み聞かせで、読書好きにしたこと」をあげていました。

『子どもの学力を確実に伸ばす17の秘訣』をほしい方は、

泉河潤一の公式LINE https://lin.ee/ollKyMB  アクセスしてゲットしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です